非正規業者で修理するデメリット

キャリアの補償やメーカーの保証などのサービスが受けられない

非正規業者でスマホの修理をすることのデメリットとして、スマホを販売しているキャリアの補償サービスを受けることが出来ない、スマホを製造しているメーカーの保証サービスを受けることが出来ないなどがあります。購入して間もない新しいスマホの場合はメーカーの保証サービスを利用し、メーカーの保証期間が過ぎたらキャリアの補償サービスを利用するというのが一般的です。非正規業者でスマホの修理をする前に、まずはメーカーの保証期間や、キャリアの契約状況などを確認しておく必要があります。キャリアの補償サービスを契約して毎月お金を払っているのに非正規業者でスマホの修理をするのはとても勿体ない話ですので、損しないようにしましょう。

純正品ではないパーツが使われる

非正規業者でのスマホの修理をした際に純正品ではないパーツが使われてしまうと、そのスマホ自体が純正品ではないと見なされ、キャリアの補償やメーカーの保証の適用外となってしまう可能性があります。ですので、発売されたばかりの新しいスマホを修理するために非正規業者に依頼する場合は、それなりの覚悟が必要です。メーカーの保証期間が過ぎていて型落ちしている古いスマホであれば、非正規業者であっても気軽に修理の依頼をすることが出来ますし、修理の費用を安く抑えられるというメリットも生じます。スマホの修理は、キャリアの補償サービスの契約状況、メーカーの保証期間、スマホの購入時期などを加味して最適な方法で行いましょう。