メーカー修理のデメリット

スマホを修理に出すときに注意したいこと!

スマホを修理に出す時には気をつけたいことがあります。メーカーへ直接持ち込んでもその日のうちに修理が完了しないということです。たとえ簡単な修理であっても、店舗で修理を行うわけではなく直属の修理を受け付けている工場や業者へ持ち込まれます。したがって、今すぐ修理してもらいたい場合や、すぐにでも使いたいという要望には沿いかねることが多いです。これをデメリットだと捉えることもあるでしょうが、メーカーで修理を行えば的確な修理をしてもらえます。修理業者へ持ち込むと代替品など非正規のパーツで修理を行うことも多々あります。メーカー修理ではこうしたことはなく、きちんと正規のパーツで対応してくれますが、その分修理代が高くついてしまうのです。

ちょっと不便?店舗探し

メーカー修理を行うことで確実な対応をしてもらえますが、不便な部分もあります。修理業者に比べると店舗数が少ないため、アクセスしづらいという点です。事前に調べておければ良いのですが、店舗によってはあまり目立たないところに構えているケースもあります。気軽に立ち寄れるほどの店舗数が無いのは気をつけたい点です。また、修理をしてもらいたくても、サポート期間を過ぎてしまっているため受け付けてもらえないということもあります。そうなると新しい機種を購入するよう勧められるなど、余計な買い物をしてしまう可能性もあります。メーカーによる修理は必ずしも全てに対応してくれるとは限らず、その日のうちに修理できるものではないということを覚えておきましょう。